| Main | All |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
どこ~~~
おはようございます

本日もちょこっと呟いちゃおうかな~~

人生って本当にあっというま間だよね

最近つくづく感じてます

結婚して子供が出来

守るもの3つが出来た

必死で守ってきた

私しかいない

私が全てだった幼少期の我が子達

その中で楽しいも沢山あったがいつも先の事を考えて接していた

厳しい母であったのかもしれない

でも愛情はた~~~~くさんあっての厳しさだったはず・・


そして子供は私から巣立って一人立ち・・

遠くから愛情だけは発信続ける


;IMG_0134.jpg

そして

新たに守るべきものが、み~つ

やはり可愛くて愛おしくて溜まらない

久々の感触

懐かしさがこみ上げる毎日

事ある度に思い出してしまう

遠い過去を思いだすのもきっと頭のトレーニングにもなるだろう



でも

ソロソロ

「守られる幸せ」を感じたいな



ボソッ

子供写真
このように顔が分らないくらいのはアップしようかと思っています
でなければ私ブログでないですもんね

可愛いドキドキの最後の記事に拍手にコメくださった方おりますでしょうか?
申し訳ありませんが手違いで見られなくなってしまいました
もしかして失礼をしてしまったらと思っております
大事な事?でしたらこちらの記事に書いてくだされば嬉しいです

                    にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
                      にほんブログ村
スポンサーサイト

つぶやき | comment 16 | Top ↑

Comment

家族とはそういうものですね
陸くんと龍ちゃんの写真!
そういうことだったのですね。
ブログを新しくしたのも‥‥
人生!家族!子供‥‥
ラッキーパパには、子供がいませんが
ラッキーがその代わりに、いろんな経験をさせてくれました。
彼は、ラッキーパパの人生観も変えたかも‥‥(笑)
いっぱい置き土産があります。(笑)
おはよう☃
そうね、女・母・で人間!私にはまだ、孫ちゃんにはお目にかかれませんが、子育てして次には孫を見るとそうなるんでしょね。子育て中は無我夢中でしたね。
良いか悪いかなんて考える余裕がなかった時間。仕事をして舅・小姑をうまくやりくりしながら生きてきた。そして いまだに二人の娘が私の直ぐ傍で泳いでるわ。
どんな人生だったかって最後に思いたいのは「有難う」が素直に言いたい。
こうなるには大変な努力がいるってことだけはわかったわたしです。(笑)


このコメントは管理人のみ閲覧できます
hairpriori
家族の繋がりは大切にしたいです
ラッキーパパ
私も桃のお蔭で人生観が変わりました
今は桃のいない生活は想像がつきません
でもいつかはお別れしなければいけないのですよね
玲ちゃん
イロイロな事を経験して今の私がある訳ですが
努力がなかったら今の幸せはなかったと思うよ
鍵コメさん
イロイロな経験談ありがとうございました
少し意味不明な文章でわかりずらかったかもですね
申し訳ありません
ブログ拝見しました。
 桃マリさんが一生懸命、必死で守ったお子様達、お母さんの
想い・愛情を一人一人がその心にたくさん蓄えているのでしょ
うね。
きっと、その想いを胸に刻み社会の荒波に立ち向かい、揉まれ
ながらりっぱな大人に成長しますよ。
桃マリさんのブログコメント真面目さから、そう感じます。

「守られる幸せ」。今、大切に接しているお孫さんもだんだん
成長し、また、家族の皆様もそれぞれが今までの懐かしい想い
出や、出来事を頭に浮かべながら感謝と優しい気持ちを持って
桃マリさんを温かく守ってくださるのではないでしょうか。
「穏やかにそっと優しく」。深く耳を済ませば桃ちゃんの寝息、
そしてカメラを持ちながら被写体を探し、などなど楽しく充実
した日々を過ごされることを願っています。
少し、長くなりました。(笑)

桃マリさんこんばんは^^
前回のわんちゃんの写真も素敵でしたが、
お孫さんの写真も素敵ですね。
守るものがあるってとても大事なことだと思います。

また覗きにきますね^^
桃マリさんの短い文章に
家族の有り様が、まさに描かれているナ
と思いました。
私自身も、
余裕のない厳し過ぎる子育てをしてきた反省が
あります。

でも、まだ若かったし
あの時はあの時で、いっぱいいっぱいだったかも・・・
などと自己弁護しているわけです・笑

遠目のおこさま写真、かわいくってすてき♡
toshiさん
イロイロありがとうございます
守られたい
違う視点から言えば・・・
誰に守って貰いたいと思っているのでしょうかね
ふか~い根っこは其処なのですがね
ミチ
写真を褒めてくださいましてありがとうございます
「守るものがある」
自分の存在をも改めて感じ元気でいたい
という思いになります
mikimakiさん

自分の子育てをも振り返る機会をも与えてくれますね
我が子育ては一人で二役していたものですから
現実は辛かったです
でも基本は褒めて育てるを実行していました
母親はどうしても些細な事で口だしをしてしまいがちですが
そこのところはグッとおさえ、過干渉にならずと思って接してきました

この写真は
姿が見えなくなった私を不安げに探す様子の写真です
 自分に与えられた残りの人生、これからをいかに過ごし豊
かにするか、自分にとって何が一番大切なのか、自分の人生
で「本当に求めているもの」は何かなど真剣に考えなければ
ならない年代ですね・・・・。
 哲学かな(笑)
toshiさん
奥様に優しくされてますか?笑

Write Comment







  Only to a master?
| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。